睡眠は、大脳の休息期間であり、疲労の回復に重要な役割を担っています。睡眠不足が続くと大脳の機能が衰え、誤作動を起こしやすくなり、生命維持機能に影響します。大脳は睡眠不足に弱いのです。


睡眠不足の結果   

●注意力   
●判断力   
●作業能率   

●免疫力   
●精神力   
   などが低下します。


生産性の向上やコスト削減要求は益々厳しくなる中で、人間の能力を最大限に発揮するには、「睡眠不足による疲労を管理する」ことです。機械と同じように、人間のメンテナンスも必要なのです。

交代勤務や夜間勤務の設定しだいで同じ休息時間であっても、睡眠リズムに則しているかどうかで睡眠不足は発生します。また、睡眠時無呼吸症候群や不眠症により質の悪い睡眠も同じ結果を招くことになります。

これを改善するには、各自の勤務と睡眠時間の調査、睡眠時無呼吸症候群の有無、ストレスと不眠の状態などから総合的に勤務形態を修正していく必要があります。





当院は、サーカディアン・テクノロジーズ・ジャパンと共に企業リスク低減のため質の良い睡眠と適正な勤務スケジュールを提供できる体制を構築しています。
<サーカディアン・テクノロジーズ・ジャパン:http://www.circadian.co.jp/>




●睡眠時無呼吸症候群のスクリーニング検査

●睡眠と勤務スケジュールに関する問題点と改善のセミナー

●睡眠とメンタルケアに関する対策セミナー

●従業員の生活習慣改善セミナー

●専用プログラムによる勤務中における、注意力 / 眠気 / 疲労の科学的分析

●勤務スケジュールの最適化と最適人員配置のコンサルティング


[詳しくはこちらへ]





Copyright (C) 2005 Yoshida suimin-kokyu clinic. All Rights Reserved.